01<< 2017/03 >>03
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-04-16 (Tue)
突然ですが、今日は2011年発売『縁起もののあみぐるみ』の話です。

P.5 右下にある「体の編み方図」についてなのですが
「背側」「おなか側」と書かれている位置が異なっていました。


実際には…


編み方図の左にある「目数表」に接している方が「背側」
紙の端っこ側が「おなか側」が、正しいです。


…と言葉で言っても分かりにくいと思いますので、画像でご紹介しますね。


まず体のパーツを編んで、綿を詰めて、立ち上がり目を正面にして置くと…
こんな形になっていると思います。
立ち上がり目を正面に置いています
※黄土色の糸のところに、立ち上がり目があります


この立ち上がり目を、今度は真後ろに持っていって…
立ち上がり目を真後ろにしました

この状態で、キューピーが立っている方が「おなか側」です!
キューピー側が「おなか側」です!
おなか側は全体的にぽってりとしていて、背側はおしりが出ている、という形です。


「おなか側」を正面にして…
「おなか側」を正面にしました
この状態で、他のパーツを縫いつけ、仕上げます。

黒猫も白猫も、正面にする側は同じです


今日この件についてコメントをいただいて、それで気がつきました。
ちまこさん、改めて、コメント本当にありがとうございました

本の通りに作業を進めてくださっていたのに悩ませてしまって、すみません(>_<)
いかがでしょうか…。続きの作業、進められそうでしょうか…?


ちまこさんも、そして皆さんも、何か分からないところがあったら
こんな風に、どんどん教えていただけたら嬉しいです。


これからも、どうぞよろしくお願いします


さて…


この画像を見ての通り、私の手元には「招き猫」のパーツがあります。
しかも、ハマナカボニーで編んでるパーツ。

まだ全てのパーツが編み終わっていない状態なのですが
せっかくなので、これを機に私もきちんと仕上げようかな。


元作品(ピッコロ使用)は、完成サイズ14㎝。
ボニー版は…??


どうぞお楽しみに…


では!



にほんブログ村ランキングに参加しています。
応援のひと押し、とっても励みになっています。
いつも見てくれている皆さま、ボタン押してくれている皆さま、ありがとうございます(*^_^*)


にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村



2013年の干支・巳の手芸パック&十二支の手芸パック発売中です

詳しくはハマナカさんのHPをご覧ください⇒

このブログの右枠「あみぐるみキット」のところにも画像あります♪


NHKテレビテキスト掲載作品のキット販売中です

ねずみの米俵のキットはコチラ⇒

うさぎの初詣のキットは、手芸セット販売のページがなくなっていました。
編み図は、NHKテレビテキスト「すてきにハンドメイド」2012年1月号に掲載されています。


日本あみぐるみ協会で、私の作品がキット化されて販売中です

あひるのミニダリア・かたつむりのローリーがキット化されています
日本あみぐるみ協会・オンラインショップはコチラ⇒

| 縁起もののあみぐるみ制作話 | COM(8) | TB(0) |
2011-09-01 (Thu)
今日も前回に続き、吊るし飾りの話です。
(前回の記事はコチラ⇒

吊るし飾りの立体バージョンの制作が決まった時、
既に1本吊り版ができていたこともあって、
実はこんなに苦戦すると思っていませんでした。

でも…

吊るすモチーフは、何色で、何個編む?
1本あたり、いくつモチーフを吊るす?
全部で何本吊るす?
上部の枠は、どうやって作る?
下部のタッセルは、どうやって作る?

色々考え始めると、何だか簡単にはいかない予感。。

こりゃあ、のんびりしてたら間に合わない…!!

という訳で!
気を引き締めて、まずは「これは譲れない!」というモチーフ①うぐいす色の小鳥②梅を制作。

更に、招き猫の小物として制作済みのモチーフ4点を制作。
米俵・打ち出の小槌・ひょうたん…プラス、鯛
招き猫の小物
吊るし飾り用モチーフと、招き猫用モチーフのサイズがピッタリだった時は、
一人小さくガッツポーズ!でした

…と、ここまでは順調だったのですが。

「小鳥と梅(花)の色違いを、何色で作るか?」と、
「間を埋める丸玉は、何色にするか?」が、なかなか決まりません

毛糸玉を並べてイメージしていた時は「いい感じ!」と思っても、実際に編んでみると
(あれ、何だか浮いてる…)と感じたり、
(思っていたより合わないな…)と感じたり。。

気づけばもう、、部屋中が丸玉・花・小鳥などなど…パーツだらけ!
どんどん増えていく…

※ちなみに、この時のブログはコチラ⇒・そしてコチラ⇒…何日も悩み続けていました


それでも何とかモチーフが完成!
1本あたりのモチーフ数や吊るす本数も、めどが立ってきました。

よし、鳥・花・小物はうまく散りばめられたし、隣同士の色もいい感じ
ドキドキしながら、仮止めした吊るし飾りを持ち上げてみたら…!!


あれ!!?
モチーフが均等に散らばってない!!?



そうなんです…手前の吊るし飾りの間から、奥の吊るし飾りが見えるので
平面で見ていた時とは、見え方が全く違ってたんです。


もう、、気づかなかった自分にがっかり
でも気を取り直して、今度は吊るした状態で配置の再考。。


…この小鳥を1つ下にして…
…となると、この丸玉を2つ上に…
…となると、この丸玉は1つ下に…
…となると、この梅の花も1つ下に…?
…あれ?なんか元に戻ってる??


納品期日が迫る中、毎晩吊るし飾りとにらめっこ。
いや、正確には
「吊るしてしまう=モチーフに紐を貫通させてしまう=位置を変えるのが大変!」
…というわけで、吊るした状態の画像や、手書きの図とにらめっこ。


モチーフ同士の間隔を何センチにするかでも雰囲気が変わるので
とにかく色々試しつつ…すごく難しかったです。


そうそう!
上部の枠は、当初は円形にする予定だったのですが
吊るし飾りを仮止めする時、6本を均等につけるための目印に折り目をつけたところ
この方がステキで、そして作りやすかった!
…という、偶然の発見で六角形になりました


下のタッセルも、どうやって作るか悩みに悩み…
何かヒントを~~!と、毛糸の見本帳を見ていた時に
「ティティクロッシェ」を発見したのがキッカケでした。


完成までに、たくさん作り直して、たくさん時間がかかったけれど、
安田さんに撮っていただいた写真を見ていると、粘って良かったなぁと思います


吊るし飾りは、どれも簡単なモチーフなので編みやすいと思います。
たくさん編むのはちょっと大変ですが、達成感は格別!!
皆さまの挑戦を応援しています

では!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村
| 縁起もののあみぐるみ制作話 | COM(4) | TB(0) |
2011-08-28 (Sun)
前回、吊るし飾り/小の画像を選んでいたら、
6本吊り版を作っていた時の苦戦画像も出てきたので…

そこで今日は、吊るし飾りの制作話をしたいと思います



吊るし飾りは、デザイン画の時から「6本吊り!」と決まっていたわけではありません。
最初は1本吊り…つまり「柱飾り」みたいな絵を描いて提出していました。
吊るすモチーフは、花・鳥・丸玉、そして使用糸はモヘア糸。

モチーフ自体が複雑なものでなかったこともあって、吊るし飾りは後回し…
同時納品予定だった「たぬきの置物」や「かえるのがま口」などから先に編み進めていました。

なので、吊るし飾りが完成したのはたしか、作品発送日の2日前だったか…。

…しかし!
モヘアで作った吊るし飾りは、何だかちょっとイメージと違っていました。

私は、かつて旅行先で見た、部屋いっぱいに飾られた吊るし雛のように
もう少し「パッと鮮やかで華やか!」…がいいなぁと感じたんです。

モヘアの吊るし飾りは、パッと鮮やかというより「ふんわり柔らか」。
それがモヘア作品の良いところだし、そういう雰囲気もいいかなぁと思っていたのですが
実際に作ってみたら、吊るし飾りには物足りない感じがしました。

というわけで!
それからダッシュでピッコロ版に挑戦!
おぉ~!この方がパッと鮮やかな感じ!!

こうして発送日の前夜、無事ピッコロ版が完成しました


…しかーし!
今度は、完成作品を見た家族がボソリ…
「丸玉が、もっと大きい方が見栄えがするんじゃない…?」

えぇっ!明日発送なのに、今それを言う…!?

でも言われてみれば、確かにちょっと小さい気もして…
(※当時、山吹色の丸玉は、2色玉よりも小さく作っていました)


そこで!!
それから夜なべして山吹色の丸玉を編み直し…
吊るしてた丸玉を外して新しいのを付け直し…


そうしてようやく完成した「吊るし飾り第一号・1本吊り」が…コチラ♪
1本吊るし飾り
※当時はまだ、下のまとめ方は全く決まってなかったので…写真も下が切れてます

担当Yさんには、モヘア版・ピッコロ版の両方を提出して仕上がりを見てもらい…
ピッコロ版が採用となり、さらに立体バージョンの制作が決まりました

立体バージョンを制作するにあたっては…
吊るす本数も、モチーフの個数も、上部のまとめかたも自由!!

仕上がりを任せてくれた嬉しさで、ウキウキしたのも束の間…
ここから大苦戦の日々が始まったのでした。。

長くなってしまったので、、
次回に続く



★拍手ボタンからコメントをくださったnoririneさんへ★
拍手ボタン内でお礼を…とも思いましたが、
再び拍手ボタンを押さないとコメントは見られないようなのでこの場を借りて…

コメントから、辰のあみぐるみを見てnoririneさんのテンションが上がったのが伝わってきました

そして同じく、以前拍手ボタンからコメントくださったmaikoさん
当時、拍手ボタン内からお礼コメントを入れたのですが、改めてここでもお礼を一言…

おかげさまで、今は体調も良くなりました
これから秋~冬にかけ、どんどん編みたくなっていきそうですが
健康第一で制作に励みたいと思います

noririneさんmaikoさん、嬉しいコメントありがとうございます


では!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村
| 縁起もののあみぐるみ制作話 | COM(0) | TB(0) |
2011-07-05 (Tue)
新しい作品の紹介、まだ先になってしまいそうなので…
今日は“亀の匂い袋”の話をしたいと思います


匂い袋の試作を始めたのは、今年1月下旬頃。
実は当初は、亀ではなく「小鳥の匂い袋」を作る予定でした。

でも、絵で描いたように形にできず…しばらく後回しにしていました

その頃は「吊るし飾り」と「ウグイスの巾着」を同時進行で作っていて
(なんだかちょっと…鳥が多い…か…な?)…という思いもあったので
試作をしつつ(例えば他のモチーフに替えられるとしたら…)と、考え始めていました。

そこで浮かんだのが「亀」だったんです。

縁起ものの本なのに、この時点まで「鶴亀」の作品がなかった…というのも理由のひとつですが
実は理由がもうひとつ…


この「亀の匂い袋」に似たカメ…実は以前ブログの記事で登場したことがあるんです。
その記事は昨年末…そう、あみコレ15のテーマ作品です。
(当時の記事はコチラ→をご覧ください)

「スポーツ」というテーマで、私が作ったのがコチラ
「勝負の前に準備体操!」でした
うさぎとカメ1

…ここにカメが!!
うさぎとカメ2

これが、私が初めて作ったカメでした。
私自身このカメが気に入っていて、しかもこの時「作ってみたい」というコメントもいただきました。

(あのカメを、テーマ作品の一部ではなく、縁起ものとして可愛く作り直せたら…!!)
…これが、もう1つの理由でした

担当Yさんも亀への変更を承諾してくださり、こうして「亀の匂い袋」が誕生しました

ちなみに「亀の匂い袋」の“頑張ったポイント”は…

①お腹から甲羅部分まで、1つのパーツで作る!
②お腹と甲羅の境目には、何とかして段差をつける!
③甲羅の柄を、普通の縞模様にしない!

です。
いかがでしょう

亀の匂い袋2

亀の匂い袋1

先日は“ナーのニットぬいぐるみ工房”のナーさんが、亀の匂い袋を作ってくださって、
それをブログで紹介してくれました

沢山の方に、お好みの配色で、楽しく作ってもらえたら嬉しいです♪
(そして「作りました~」なんて報告いただけたら更に嬉しいです…!)

では



お知らせ

★昨年から、ハマナカさんのHP「あむゆーず」にて「干支のうさぎ・七福神」の編み図が公開されています。トップページ「新着レシピ」欄に画像が再登場しています!
テキストは無料配信です!是非ご覧ください♪

手編みと手芸の情報サイト
あむゆーず

http://amuuse.jp/

★『縁起もののあみぐるみ』発売中です!
ブログで本を紹介してくださったり、実際に作品を作ってくださったり…ありがとうございます!!!


※ランキングに参加しています。
応援のボタンひと押し、よろしくお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村
| 縁起もののあみぐるみ制作話 | COM(2) | TB(0) |
2011-06-23 (Thu)
このたび発売された『縁起もののあみぐるみ』には、3種類のがま口が載っています。

カエルのがま口・ダルマのがま口・そして、フクロウのがま口です

私の周りでもがま口シリーズは好評で「今、フクロウ2個目に挑戦してる!」なんて人もいます
そこで今日は、がま口シリーズの話をしたいと思います。



以前「縁起ものができるまで…(2)」でも書きましたが、制作に入る前にまず、デザイン画を提出していました。
でもがま口のデザインは、最初「ダルマのがま口」の1種類しか考えていませんでした。
配色も1パターンのみ、王道「赤ダルマ」だけ。

そのデザイン画を採用してもらって、できたのが…コチラ!
ダルマのがま口

目指したのは
「ダルマっぽいけど、おじさん(?)っぽくはなくて、可愛い可愛いというより、愛嬌があるダルマ!」
という感じ。
ハマナカコミックアイがイメージに合っていたので、目玉に合わせてサイズを調整しました。

あみぐるみのがま口を作ったの自体が初めてだったので
金具に縫い付けたらシルエットが変わってしまったり、中央がずれてしまったりで苦戦もありましたが
納品した作品は、修正なしで採用してもらえました♪

そしてその後、別のモチーフでもがま口を作る事になったのですが…
その時「できればベースは、ダルマと共通の編み図で…」という案をいただいたんです。

ダルマのことだけを考えて作った編み図で、他のものを…!?

この後は、最初のダルマの時よりも悩みました

顔を縫いつける前の、シンプルながま口をジーッと見つめて、
何か他の縁起もの…何か他の縁起もの…とひたすら考えて考えて…そしてある時!

ベースを横長ではなく縦長に置くと、1サイズ小さいがま口がピッタリ付く~!!
…と、発見

それから、今度は縦長のがま口をジーッと見つめ、
まずカエルが浮かび、
その後フクロウも可愛くできて(こちらは横長バージョンも挑戦しましたが、まんまるフクロウになっちゃったので却下

そうして無事に、ベースの編み図共通で、3種完成したのでした


ちなみにカエル1号は緑色・フクロウ1号は黄土色。
その後、それぞれ色替えが決まって、色違いが増えていきました


皆さんは、どのがま口がお好みでしょうか?
何色が好きですか?
FC2は投票フォームが作れるみたいだから、試してみようかな。…面白そう!

では


☆6月3日発売☆

『縁起もののあみぐるみ』(ブティック社)
表紙1

よろしくお願いします♪


※ランキングに参加しています。
今日もボタンひと押し、応援よろしくお願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村
| 縁起もののあみぐるみ制作話 | COM(2) | TB(0) |