08<< 2017/09 >>10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-09-17 (Mon)
昨年6月に発売された著者本『縁起もののあみぐるみ』

この中に掲載されている“吊るし飾り”のモチーフ、梅と桃の組立てかたについて
コメント欄から質問をいただきました

そこで今日は、この組立てかたのポイントをご紹介します!


でもその前に…

本の中では「編み終わりをしぼり止めにして、巻きかがりで縫い合わせる」と説明されていますが
この方法が間違っているわけではありません

ただ、花びら5つをバランス良く縫い合わせるのって、意外と難しいなぁ…と私も感じていたし

せっかく貴重な意見をいただいたので、何か、もう少し簡単なやりかたを紹介したいな~と思って
新しい方法を考えてみた、というわけです。

というわけで、参考にしていただけたら幸いです♪


前置きが長くなりました、スミマセン
では早速、解説スタート!



準備:
今回の方法では、しぼり止めは不要です。(だからちょっと、綿が見えてる状態)
しぼり止めしてない状態    
5つの花びらのうち、4つの糸端は各パーツの中に隠します。
1つは糸を長めに残してカットします。(この糸を使って、花びらを縫い合わせます)

ポイント!
花びらは、最終的に5つの編み終わり部分が中央に集中することになるので
綿はあんまりピッチピチに詰めない方が、組立てやすいと思います。


手順1:
まず、5つの花びらに、長めに残しておいた糸を貫通させます。
手順1:貫通!

5つに通したら右端の花びらに戻って、ぐるっと1周させます。
ぐるっと1周したところ
※貫通させる位置は、編み終わりの段から数えて2段目と3段目の間です。

手順2:
手順1と同じ作業を、ぐるっともう1周させる。
手順2:ぐるっと2周!


ポイント!
この時、“編み始めの鎖目&編み終わりの引き抜き編み”の所を挟むように糸を通すと…
ポイント1の1

引き抜き編み目がサイドにくるので、仕上がりがキレイですよ♪
ポイント1の2

手順3:
糸を少しずつ引きしめて、5つの花びら同士をくっつける。

手順4:
5つの花びらそれぞれの、最終段の編み目を下図のようにすくい、しぼり止めする。
手順4:最終段の目をすくう!

ぐるっと1周すくい終わったところ
手順4の2:1周すくったところ

しぼり止めしたところ
手順5:糸を引きしめたところ

手順5:
片面ができたら裏返して、もう片面も同様にしぼり止めすれば、完成!


ポイント!
すくう編み目は、花を正面から見た時に見えてる編み目…という感じで
適当に決めてOKです。
なので、各花びらから1~2目ずつ…という感じでしょうか。



…いかがでしょうか?

1つ1つ花びらの位置やバランスを確かめながら縫い合わせるよりも、少し楽かな?
…と、思うのですが、、どうでしょうか。。

かえってややこしいわ!…と思われてしまってたらスミマセン(>_<)


皆さんのギモンが解消されて、あみぐるみ生活がますます楽しくなるような
そんなお手伝いができればいいなと思っています。


イマイチよくわからないなぁ…という所があったら、ぜひ気軽にコメントくださいね!
どうぞよろしくお願いします。



…あ!ちなみに!!
NHK文化センターのあみぐるみ講座でつくる梅の花には、こんな複雑な工程はありません。
もっとシンプルな編み図の梅の花なので、どうぞご安心くださいね(*^_^*)



次回は、リールキーの新バージョン登場!です。
こちらもどうぞお楽しみに…


では!

ブログ村ランキング参加しています。
応援のボタン一押し、とっても励みになってます!
いつも見てくれている皆さま、ボタン押してくれている皆さま、ありがとうございます!!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村

new!
HNK文化センターにてあみぐるみ講座の講師をします

会 場 NHK文化センター さいたまアリーナ教室
講座名 はじめてのあみぐるみ ~毛糸で作るかわいい縁起もの~
日 時 11月16日(金)・11月30日(金) 13:00~15:00

講座では「吊るし飾り」を制作します

この「吊るし飾り」を編みます♪

詳細は、NHK文化センターHP(コチラ⇒)をご確認ください。

この機会に、あみぐるみ作りを始めませんか?
一緒に楽しく編みましょう!
どうぞよろしくお願いいたします。


HNKテレビテキスト掲載作品のキット販売中です

うさぎの初詣のキットはコチラ⇒

ねずみの米俵のキットはコチラ⇒


2012年の干支・辰のテキスト(編み図)を無料で配信中です

ハマナカさんのHP「あむゆーず」にて、現在配信中!!

HPはコチラ⇒


| 作品紹介 | COM(4) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する