08<< 2017/09 >>10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2011-06-13 (Mon)
このところの長々とした記事…読んでくださり、ありがとうございます。
「縁起ものができるまで…」シリーズ(?)今回いよいよ最終回です。


写真撮影の数週間後…次の作業は!
ブティック社Kさん他、編集担当の方々が作ってくださった、各ページのレイアウトの確認です。

まず最初に、写真ページのレイアウトが届きました。
レイアウト1

各ページには、作品写真・作品番号・作品名・縁起ものとされる理由の紹介文などなど…もう、全て記載されている状態です。
撮影時に個々に見ていた写真達が、突然「本です!!」という感じに大変身して届いたので、衝撃的でした。
これを見て、写真の大きさや文字の色、全体の流れなどをチェックします。

この辺りは「仮」っぽいですね
レイアウト2


私は、特に違和感も無く、十分ステキだと感じたのですが…

その後いただいた変更版を見たら、文字サイズや配置がちょっとずつ変更されていました。
「ちょっと変更」なので、全体の雰囲気が変わるわけではないのですが
確かに変更後の方が目の動きに合うというか…見やすいと感じました。

読者がより楽しめるように、見やすいようにと、厳しいチェックが繰り返されているんですね…
まさにプロの目!!です。

一方、私が頑張る作業は…次に届いた「編み方ページ」の校正です。
使用糸の量・色番をはじめ、渦巻き状の「編み方図」、各段の目数を示した「目数表」、そして「仕上げ方」イラストの“〇段目に足をつける”といった解説などなど…をチェックします。

これも、なかなかのボリューム
レイアウト3

四方に書かれている、こういう印が「原稿」という感じ!
レイアウト4

自分が提出したテキスト自体に、書き間違いがあるかもしれないので
「作っていただいた編み方ページ」「私が提出したテキスト」「手元の手書き編み図(原本)」を見比べてキョロキョロ…
沢山の渦と数字で、少し目がチカチカしつつも、赤ボールペン片手にチェックする作業はとても新鮮で楽しかったです。

こうして校正が無事終わり…

写真ページや表紙の最終確認も終わり…

そして…完成本が手元に到着!!
…で、6/1の記事に続きます

…これが、昨年から今年にかけての作業でした。

「うさぎの七福神」のように、各作品の事も書こうと思ったのですが
それを盛り込んで書いてしまうと「縁起ものができるまで…(〇)」がいつまでたっても終わらない!
…と思ったので、やめました
今後の記事で、ちょこちょこと触れたいと思います。


私が制作したあみぐるみが、沢山の方々のおかげでこうして素敵な本になり…改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
心を込めて…ありがとうございます!
そしてそれを手にとってくださった皆さま…ありがとうございます
本を楽しく眺めてくれたら…あみぐるみ作りを楽しんでもらえたら…なにより嬉しいです


…さて、次回は!
以前「まるでうどん」という記事の続き…
あの「超極太糸」で編んだ作品をご紹介します。

では


ランキングに参加しています。
順位上昇してます♪
ボタンを押してくださり、ありがとうございます。

応援の一押し、よろしくお願いいたします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村
| 縁起もののあみぐるみ制作話 | COM(2) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する