10<< 2017/11 >>12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-09-01 (Thu)
今日も前回に続き、吊るし飾りの話です。
(前回の記事はコチラ⇒

吊るし飾りの立体バージョンの制作が決まった時、
既に1本吊り版ができていたこともあって、
実はこんなに苦戦すると思っていませんでした。

でも…

吊るすモチーフは、何色で、何個編む?
1本あたり、いくつモチーフを吊るす?
全部で何本吊るす?
上部の枠は、どうやって作る?
下部のタッセルは、どうやって作る?

色々考え始めると、何だか簡単にはいかない予感。。

こりゃあ、のんびりしてたら間に合わない…!!

という訳で!
気を引き締めて、まずは「これは譲れない!」というモチーフ①うぐいす色の小鳥②梅を制作。

更に、招き猫の小物として制作済みのモチーフ4点を制作。
米俵・打ち出の小槌・ひょうたん…プラス、鯛
招き猫の小物
吊るし飾り用モチーフと、招き猫用モチーフのサイズがピッタリだった時は、
一人小さくガッツポーズ!でした

…と、ここまでは順調だったのですが。

「小鳥と梅(花)の色違いを、何色で作るか?」と、
「間を埋める丸玉は、何色にするか?」が、なかなか決まりません

毛糸玉を並べてイメージしていた時は「いい感じ!」と思っても、実際に編んでみると
(あれ、何だか浮いてる…)と感じたり、
(思っていたより合わないな…)と感じたり。。

気づけばもう、、部屋中が丸玉・花・小鳥などなど…パーツだらけ!
どんどん増えていく…

※ちなみに、この時のブログはコチラ⇒・そしてコチラ⇒…何日も悩み続けていました


それでも何とかモチーフが完成!
1本あたりのモチーフ数や吊るす本数も、めどが立ってきました。

よし、鳥・花・小物はうまく散りばめられたし、隣同士の色もいい感じ
ドキドキしながら、仮止めした吊るし飾りを持ち上げてみたら…!!


あれ!!?
モチーフが均等に散らばってない!!?



そうなんです…手前の吊るし飾りの間から、奥の吊るし飾りが見えるので
平面で見ていた時とは、見え方が全く違ってたんです。


もう、、気づかなかった自分にがっかり
でも気を取り直して、今度は吊るした状態で配置の再考。。


…この小鳥を1つ下にして…
…となると、この丸玉を2つ上に…
…となると、この丸玉は1つ下に…
…となると、この梅の花も1つ下に…?
…あれ?なんか元に戻ってる??


納品期日が迫る中、毎晩吊るし飾りとにらめっこ。
いや、正確には
「吊るしてしまう=モチーフに紐を貫通させてしまう=位置を変えるのが大変!」
…というわけで、吊るした状態の画像や、手書きの図とにらめっこ。


モチーフ同士の間隔を何センチにするかでも雰囲気が変わるので
とにかく色々試しつつ…すごく難しかったです。


そうそう!
上部の枠は、当初は円形にする予定だったのですが
吊るし飾りを仮止めする時、6本を均等につけるための目印に折り目をつけたところ
この方がステキで、そして作りやすかった!
…という、偶然の発見で六角形になりました


下のタッセルも、どうやって作るか悩みに悩み…
何かヒントを~~!と、毛糸の見本帳を見ていた時に
「ティティクロッシェ」を発見したのがキッカケでした。


完成までに、たくさん作り直して、たくさん時間がかかったけれど、
安田さんに撮っていただいた写真を見ていると、粘って良かったなぁと思います


吊るし飾りは、どれも簡単なモチーフなので編みやすいと思います。
たくさん編むのはちょっと大変ですが、達成感は格別!!
皆さまの挑戦を応援しています

では!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ あみぐるみへ
にほんブログ村
| 縁起もののあみぐるみ制作話 | COM(4) | TB(0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。